ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 意外と知らない?FP豆知識 › 死亡保険は自殺では本当に支払われない?

死亡保険は自殺では本当に支払われない?

サスペンスドラマじゃありませんが、「自殺だと保険金がおりないから・・・云々」という話を耳にします。
でも、実際はそうとは限らなかったりします。

FPマメ知識:自殺でも、死亡保険金が支払われることも・・・

実は、自殺でも死亡保険金が支払われることもあります。

とは言っても、さすがに加入してすぐの自殺には保険金は支払われません。
一般的には、加入後2年間での自殺には支払われないようです。逆に言えば、加入2年後の自殺には保険金は支払われることになります。

各保険によっても事情が異なりますので、FP(ファイナンシャルプランナー)として適切なアドバイス・・・なんてことはないですね。

なぜ2年間か?

これにはいろいろ説がありますが、有力な説としては、
「人は2年間もの間、『自殺しよう』とは思い続けることはできない」とのことです。

本当にこれがただしいのか、なんなのか良く分かりませんが、実はこんなはなしが、ファイナンシャルプランナーの試験にたまにでてきたりもします。

さて真実は・・?