ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 意外と知らない?FP豆知識 › 贈与税のちょっとした落とし穴

贈与税のちょっとした落とし穴

贈与税は、ご存知のように個人から財産をもらったときにかかる税金です。
ちなみに、法人から財産をもらったときは贈与税はかかりませんが、所得税がかかる仕組みになっています。

この贈与税は、1年間に合計で110万円までのであれば課税されない制度になっています。

しかし、ちょっとした落とし穴があったりもします・・・

意外な贈与税? 積み立てのケース

1年110万円以内なら・・・ということで、例えば毎年100万円づつ子供や孫に贈与していれば、10年間で1000万円になっても大丈夫。

と思ったら大間違い。

このような場合、「初めの年に1000万円の贈与の権利を子供や孫へ与えた」という解釈をされてしまいます。
つまり、結局1000万円に対して贈与税が課税されてしまうことになってしまいます。

贈与税の発生を防ぐには

このような形で贈与税が発生してしまうのを防ぐには、同じ額をずーっと積み立てるのではなく、毎年毎年額を変えて行うと良いです。

そうすれば、「その時々で積み立てを行っている」ことになり、「計画性」がない、と税務署に考えてもらえるわけです。