ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 意外と知らない?FP豆知識 › ファイナンシャルプランナー(FP)の起源って?

ファイナンシャルプランナー(FP)の起源って?

FPという概念は、もともとアメリカで生まれ、日本で初めてファイナンシャルプランナーに関する協会(JAFP)が説リスされたのは1987年になります。

ファイナンシャルプランナーの起源

ファイナンシャルプランナーの始まりは 1930年代 保険外交員が自社の商品を売るために活用した営業手法にあるといわれています。

そこから、1960年代になると、職業として本格的なFP(ファイナンシャルプランナー)が登場してきます。FPが発展してきた理由としては、金融の発展・個人の資産増大・税制の問題などがあるそうです。

70~80年代には、FPに関する教育なども整備され、今に至っています。

日本でのFP

日本へファイナンシャルプランナーが入ってきたのは、アメリカよりもだいぶ後。
組織として日本FP 協会ができたもの、1987年です。

その分、後の普及には目を見張るものがありますね。