ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 試験合格のための勉強方法は? › 暗記ノートの落とし穴

暗記ノートの落とし穴

テキストをまとめて、自分のノートを作る勉強。しっかりFPの知識が身についていますか?

暗記ノートの落とし穴

ファイナンシャルプランナー試験のために独自のノートを作って資料をまとめる方がよくいらっしゃるのではないでしょうか?
(※私もノートを作ることが多かったです)

ノートを作ると、達成感がありますし、実際「書く」ことによって試験の内容を憶える効果もあるとは思います。

ただ、トータルで見た場合、本当に効率が良い学習ではないなと感じています。
(人によってある程度の差はあるとは思いますが)

限られた時間でFP試験のための知識を

特に社会人になると、なかなかまとまった時間FP試験のために集中して勉強することが難しくなります。

午後5時には仕事が終わる方なら十分過ぎるほど余裕がありますが、かならずしもそんなに時間の余裕があるわけではないでしょう。

そんな中で、ノートをいちいち作っていると、どうしても知識の吸収のスピードが遅くなるように感じます。
あと、自分だけかもしれませんが作っただけで満足してしまったり・・・

特に暗記系の勉強に関しては、「読む(Read)→理解(Recognize)」→「暗記(Remember)」の3Rによって学習すると効率が良いといわれることがあります。

限られた有効で、このサイクルを効率よくまわしてFP試験のための知識をつけるには、あまりノートに時間をとるのは得策ではないのではないでしょうか?