ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 試験合格のための勉強方法は? › FP試験までのプランの立て方と実践の方法

FP試験までのプランの立て方と実践の方法

効率よく勉強を行い、ファイナンシャルプランナー試験に合格するためにも、まずは学習プランを考えましょう。

なぜ試験のために学習プラン?

ファイナンシャルプランナー試験のための学習期間は、6ヶ月~1年程度かかることが多くなります。そのため、計画なしにスタートしてしまうと、どうしてもムラが出たり、中だるみが起こったりしがちです。

また、FP講座(専門学校や通信教育)を受講する場合でも、講座自体が1年間など長めに設定されていることが多いため、期間をある程度設定て勉強するほうが効率が良いです。

FP試験までの学習時間は?

ある程度は個人差もあるとは思いますが、例えば200時間程度を目安として考えてみると良いと思います。

1日2時間だと、25日やったとして月50時間。
大体4か月分ですね。

ただ、お仕事そのほかの都合でなかなか時間の取れないときもあると思います。
そのときでも、1ヶ月に最低20時間は確保するなど、最低限守るルールも合わせて考えておくと、継続的な勉強がしやすいと思います。

時間をどう割り振る?

さて、上で決めた200時間、どのように使えばよいでしょう?
これは大雑把に考えて

  • 100時間をインプット期間(FPに関する知識)
  • 残り100時間を問題・模試期間

を目安にしてみましょう。

問題や模試の期間が長いと感じるかもしれませんが、理解していない点や知識が不十分な点を振り返りながらやっていきますので、余裕を持って見積もったほうが良いと思います。

暗記と実践、この両方にじっくりと時間をかけましょう。