ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド はじめに~資格・仕事内容は? › FPが行う総合プラニングに必要な力

FPが行う総合プラニングに必要な力

相談の内容が幅広く、個人によっても千差万別なため、ファイナンシャルプランナーには幅広い知識が必要です。
その中でも、プランニングは常に広い視野でアドバイスを行うのに欠かせません。

プランニングはケース by ケース

プランニングは、各人の家族構成や経済状況、環境により大きく異なります。
また、顧客の方が常に問題の内容を把握しているとも限りません。FPは、このような「隠れた問題」を見つけ出し、顧客と力をあわせて解決してゆくことになります。

プランニングに欠かせないFPの能力は?

それでは、FPはどのような力を持っていなければならないのでしょう?

まず重要なのは問題解決のための知識です。
金融、経済など、資格試験を行うに当たってもこのあたりの知識は必要不可欠になります。

その一方で、問題を発見して、人とコミュニケーションしながら解決に向かってゆく力も重要です。

顧客の立場に立ってしっかりと物事を考え、親身になって相談する、そんな力も大切なのです。