ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド はじめに~資格・仕事内容は? › FP知識 3.保険・税金・ライフプランニング

FP知識 3.保険・税金・ライフプランニング

FPは、収入や事業に関する税金はもちろん、ライフプラン全体に対する財務計画を立てます。また、リスク管理もFPの重要な業務です。

リスクと保険

長い人生では、常に順調な歩みができるとは限りません。

  • 病気・事故・災害への備え
  • 万が一の時の保障
  • 老後に対する備え

に対してのプラニングも、フィナンシャルプランナーは業務として行います。

また、長期的な資産管理では、インフレのような社会的要素も含まれてきます。
FPは、このような用を踏まえ、きちんとした準備を整えます。

ライフプラニング

人の一生の間には、結婚・マイホームの購入・子供の教育など、資産に関連する多くのイベントが発生します。

それぞれのステップにおいて、顧客を尊重した上で適したプラニングを行うことが、ファイナンシャルプランナーの基本的な仕事だといえるでしょう。

また、退職後のリタイアプラニングも重要になります。

タックスプラニング

給与や資産運用、相続まで、常に個人の生活に関連してくる税金。

実際の申告業務を行うのは税理士になりますが、FPであっても顧客の相談に乗ったり、提案を行ったりすることでお客様に価値を提供し、信頼を得ることができるでしょう。