ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド はじめに~資格・仕事内容は? › FP知識 2.不動産資産運用設計、相続設計

FP知識 2.不動産資産運用設計、相続設計

ファイナンシャルプランナーは、不動産や、相続についても資産管理を行います。

不動産の売買や、相続、あるいは事業の継続は一生のうちでも何度も経験することはないシーンなので、顧客側は対応が分からないことだらけです。
FPとして、大きな金額の資産のプラニングを行う場となります。

不動産資産運用設計

FPの行う不動産に関するプラニングには

  • マイホームの取得
  • 投資用物件の運用、買い替え
  • 不動産の売却

などがあります。

サラリーマンをはじめとする殆どの人にとって、マイホームは人生でもっとも高額な買い物となります。

ローンをどのように組むのか、どの時期に購入すべきなのか・・・専門家として、顧客の要望を十分に取り入れたプラニングを行うのがFPの役割になります。

相続設計

相続は顧客が最も混乱するシーンの一つです。

遺産の分配をめぐる話は、争いに発展することも多く、そうならないためにも遺言の制度や生前贈与などの仕組みの活用が求められます。

このような場でも、ファイナンシャルプランナーが大まかな計算や財源の確保など、さまざまな準備・計画に関わっていきます。