ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド › はじめに~資格・仕事内容は?

はじめに~資格・仕事内容は?

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格内容や、受験資格について解説しています。 FPって何? と思っている方はまずこちらからどうぞ。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、資産設計の専門家

「生命保険をみなおしたい」 「老後の生活設計はどうしよう・・・?」 こんなときに、資産設計をどのようにすればよいのかをアドバイスするのがファイナンシャルプランナー(FP)です。

FPが行う総合プラニングに必要な力

相談の内容が幅広く、個人によっても千差万別なため、ファイナンシャルプランナーには幅広い知識が必要です。

FP知識 1.金融資産設計

金融資産設計とは、金融商品に対する知識です。 FP知識 金融資産設計 例えば、預...

FP知識 2.不動産資産運用設計、相続設計

ファイナンシャルプランナーは、不動産や、相続についても資産管理を行います

FP知識 3.保険・税金・ライフプランニング

FPは、収入や事業に関する税金はもちろん、ライフプラン全体に対する財務計画を立てます。また、リスク管理もFPの重要な業務です。

新しい金融商品や社会保障もカバー

FPとしてプラニングを行うには、経済やお金についての基礎知識が必要ですが、さらにもう一歩進んで、それらがどのように変化していくのかを見極める力が求められます。

FPとして独立するには?

フリーFPと呼ばれる、独立ファイナンシャルプランナーの注目が強まっています。ここでは、独立FPが、どのような仕事をしているのかについて解説します。

資格養成講座の概要

AFPの養成講座では、ファイナンシャルプランナーとして必要な知識を8課題(7科目+提案書作成)として学びます。

社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー FP協会認定の通信教育・専門学校

合格率の高さで有名な資格の大原。なんと、ファイナンシャルプランナーは、実技・学科ともに合格率70%以上!!!

質の高いオリジナル教材、サポー体制もばっちりです。

法律・行政資格のクオリティの高さで有名な資格のTACは、大原とあわせてイチオシのファイナンシャルプランナー講座。

講座だけでなく、資格ごとの無料メルマガをはじめとして、資格の最新情報満載!案内書を無料急送中!