ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド どんな人に向いている? › 人事・労務部門に勤めている方

人事・労務部門に勤めている方

サラリーマンの(殆ど)すべての人は、企業と給与・退職金といったお金によって結びついています。

近年では、厚生年金基金の代行返上、的確退職年金の廃止、確定拠出型年金の導入など、ファイナンシャルプランナー(FP)のアドバイスが求められる機会が増加しています。

在職中、退職後を問わず、このような年金・資産管理についてファイナンシャルプランナーが活躍する場は多数あります。
FP資格を活かす場としては大きなチャンスだといえるでしょう。

人事や労務部門に勤めている方にとって、FP資格を取ることは、単なるスキルアップ・キャリアアップにとどまらず、会社全体に貢献する機会を大きく増やしてくれる可能性を持っていえるのです。