ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド どんな人に向いている? › 金融・不動産関係のお仕事の方

金融・不動産関係のお仕事の方

ファイナンシャルプランナーは、お客様の資産についてのプラニングを行い、その実行をサポートするのが仕事になります。
このため、銀行・証券・生命保険・損保などの金融機関に勤めている方との相性が非常に良い資格だといえます。

その一方で、これら金融関係のお仕事についておられる方にとって、FPの知識が不足していては職業柄大変なマイナスです。
お金のアドバイザーとして、FPは必須資格といっても過言ではありません。

(参考)CFP受験者の多い業種

・生損保業界
・証券会社、銀行
・会計事務所
・建設、不動産業

不動産販売業の方にもFP資格は重要

マンションや一戸建ての住宅など、不動産の販売に関わる方にとっても、ファイナンシャルプランナーは非常に重要な資格です。

不動産を購入する際にはローンがつきものですが、これを顧客の資金状況に応じて無理のない返済計画を立てるのはとても重要なプラニングだといえるでしょう。

収入はこのまま増え続けるのか・・・?
家族が今後増えたりしたら・・・?

お客様の将来に対しても安心を与える、そんな意味でもFP資格はプラスになります。