ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド 資格試験の内容と範囲(実技試験) › 資産設計提案業務

資産設計提案業務

1.関連業法との関係および職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプラニング

ファイナンシャルプランナーと関連業法との関係や、ファイナンシャルプラニング業務に必要とされる倫理観と関連業法との関係を正しく理解した上で適切なプランニングが行えること。

ファイナンシャルプランニングの現状を正しく理解したうえで、顧客に説明できること。


ファイナンシャルプラニングのプロセス

顧客に適切な方法でファイナンシャルプランニングのプロセス全体に関わるポイントや概念を説明できること。


3.顧客のファイナンス状況の分析と評価

顧客のデータを把握するとともに、顧客の生活設計上の希望や目標を適切に整理できること。


4.プランの検討・作成と提示

キャッシュフロー分析・個人版巣シートの分析・保障分析・税金分析などにより、顧客の全体像を分析し、課題を説明できること。

顧客の立場に立った提案ができること。