ファイナンシャルプランナー(FP)資格試験ガイド › 資格試験の内容と範囲(実技試験)

資格試験の内容と範囲(実技試験)

FP実技試験の内容は、5つのセクションに分かれます。それぞれの内容を把握し、試験勉強を行いましょう。 (※範囲は2級FP技能検定を想定しています)

個人資産相談業務

ファイナンシャルプランナーの基本技能としてのプラニングの能力・顧客視点の考え方について

中小事業主資産相談業務

前述の個人相談と併せて、中小事業主相談業務もFP試験の実務範囲となります。 個人との内容の違いをしっかりと理解しましょう。

生保顧客資産相談業務

保険の中でも、もっともニーズの高いものの一つである生命保険にかんするプランニングになります。 損保顧客の相談業務との区別をしっかりと理解しましょう。

損保顧客資産相談業務

生保と損保の違い、共通点を把握しましょう。保険の性質を理解すれば、あとは共通点が多いです。

資産設計提案業務

最後は、顧客の立場を理解した上での資産設計の提案になります。観点を理解し、あらかじめ予習をこなしておきましょう。

社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー FP協会認定の通信教育・専門学校

合格率の高さで有名な資格の大原。なんと、ファイナンシャルプランナーは、実技・学科ともに合格率70%以上!!!

質の高いオリジナル教材、サポー体制もばっちりです。

法律・行政資格のクオリティの高さで有名な資格のTACは、大原とあわせてイチオシのファイナンシャルプランナー講座。

講座だけでなく、資格ごとの無料メルマガをはじめとして、資格の最新情報満載!案内書を無料急送中!